BMW Z1 Blog

BMW Z1&C1と共に過ごす毎日を綴る


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< BMW Z1のフューズボックスカバー交換 | main | BMW Z1のエアコン修理 その4 >>

BMW C1のグリップラバー

ウチのBMW C1はグリップヒーター付きなんですが、このグリップのゴムがすぐにダメになってぼろぼろになっちゃうんです。
最初は個人輸入して2ヶ月くらいたったところで下の写真のようになり、パーツリストで部品を探してみたんですが、なんとゴムだけってのは品番が振られていなくって、グリップヒーターまるごと交換になりました。

BMW C1グリップ
ところが半年も経たないうちにまたボロボロに・・・
どうやらこのラバーは日本の気候には適合してないみたいですねぇ。
さすがにまたヒーターごと交換するのはお金がもったいなさ過ぎるのでそのまま我慢して使っていたのですが、どんどん劣化しちゃっておまけにみすぼらしい・・。
仕方がないのでボロボロになったゴムを全部剥がして中のヒーターの筒の状態にしてグリップ径を計ってインチバー用のグリップラバーを通販で買ってつけてみたんですが普通バイクってスロットルスリーブがついている右側の方が太くなるのでグリップも外径は一緒だけど内径は左の方が大きくなってるんですが、C1の場合左右同じ径・・・
しかもつけるときはかなりきつめだったのに熱が入ってくるとゆるゆるになってしまい、だんだんスロットル回しても空回りするように・・・
まったく不便だなぁ、、なんでラバーだけ部品で出てこないんだよぉ・・
と思っていたらebayにグリップヒーター付き用のラバーだけ出てました。
どういうルートなのかわかりませんが、さすが本国だけあってそういうルートを見つける人がいるみたいですねぇ。

BMW C1グリップ
例によって日本には送ってくれそうにないのとこのラバーだけ手に入ったところでまた半年もしないうちにボロボロになるの目に見えているので買っても仕方ないんですが、やはり同じようにラバーだけ欲しいって人がけっこういたようで入札金額もつりあげってました。
で、結局ウチのBMW C1のグリップはどうしたかというとヒーター無しのラバーは単体で取れるのでそれを無理やりグリップヒーターの上から押し込んでかぶせてます(笑)
かなり径に差があるので最後まで入らず少し隙間ができるのとゴムが厚さが厚くなった分グリップが太くなりましたが、まぁ慣れればこの太いグリップもまんざらでもないかも。
肝心のグリップヒーターですがテストしてみたけど一応ちゃんと温まるので特に問題はなさそうな感じです。
( あ、現状の写真撮るの忘れた(^^; )
BMW C1 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bmwz1.jugem.cc/trackback/226
この記事に対するトラックバック
© Copyright 2004-2009 みつひこ, All rights reserved.