BMW Z1 Blog

BMW Z1&C1と共に過ごす毎日を綴る


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< BMW Z1のホワイト・ボディ | main | BMW Z1&イセッタの諸々が出荷 >>

BMW Z1の開発コードは?

BMW Z1の型式はなぜZ/Bなのかの記事で私があまり細かなことを気にせずにZ1とE30の関係を書いたせいなのかちょっと変な誤解を生じたみたいなので整理して書いておきます。
(ていうかメールで聞かれても個別に答えるの面倒なんで・・・)

 まずZ1の開発コードですが、これはE30でもZ/BでもなくZ1が正しいはずです。
なぜかというとZ1ZTプロジェクトというBMW Technik GmbHZukunft Technikチームがプロトタイプとして開発した車両でこのZTプロジェクトでは開発コードとしてZの後ろにシリアル番号をつけてZ1、Z2、・・・と順番に振っているからです。
一方でBMW AGの製品としての車両の開発コードはEコード(現在はFも)と呼ばれ通常シリーズごとにExxという感じで振られています。
つまり開発コードとしてはBMW Technik GmbHのZTチームのZコードBMW AG製品Eコードの2系統が存在しています。
更にまぎらわしい事にこのZコードにはZTプロジェクトの振った開発コードとしてのZコードとBMW AGが製品の商品名として振ったZコード、更にはBMW AGのコンセプトカー用のZコードが存在しています。
Z1だけはZTの開発コードと製品のZコードが一致していますが、他は一致しません。
Z3やZ4、Z8なんかは製品用のZコードですがAG製品ですのでEコードがあります。またZ6やZ9もZTの開発コードではなくAGのコンセプトコードになりますのでZTプロジェクトのZコードとは異なっています。

ZTプロジェクトのプロトタイプ車両はショーなどで展示発表されても通常は市販されないのですが分かっている範囲ではZ1Z14だけはほぼそのまま製品として発売されています。
Z14は二輪のBMW C1のプロトタイプに相当するんだそうですが私がはじめてC1を見たときにはすでにC1というネーミングでしたのでZ14の状態の確認は取れてません)
現在ZTチームのZコードが何番なのかはわかりませんが2000年の時点でZ29までは確認されているようなのでおそらく30〜40番台かなと思われます。

次に型式というかコマーシャルペーパー(ドイツで車両型式として登録されるコード)ではZ1はZ/Bとして登録されています。 このコードには通常はBMW AG製品用のEコードがそのまま使われることが多いようです。(すみません詳細には確認していません)
ドイツ国内では部品交換による車両の改造に制限があってこのコードに基づくメーカーの証明書がない部品は取り付けられないらしく、社外品のショックやマフラー等にもこの証明書が添付されているかメーカーのWEBからダウンロードして印刷できるようになっています。

さらにもう一つ、モデルコードというのがあってZ1のモデルコードはBA91というのが割り当てられています。このコードはモデルグレードやエンジンやミッション形式の差も別コードとして扱いますので(ミッションについてはA/TもM/Tも一緒にしている場合もあり)このコードでシリーズ、モデルを特定することが可能です。(車体番号の4桁目から7桁目がこのコードになります)
ただしこのモデルコードと日本での車検証上に記される型式コードは異なっていて一致しません。

というわけで開発コードに関して言うならZ1とE30にはなんの関係もないはずです。

次に「派生モデル」という言葉についてですが、これは言葉の定義にもよるのでしょうが、私は派生というとたとえば3シリーズはずっと派生しているのでE36はE30の派生だしE46はE36の派生・・・・という印象です(笑)
また、シリーズ内での派生というように限定するなるとシャーシがほぼ同一でドア枚数が違う感じでセダン、クーペ、ツーリング、コンパクト、カブリオレというのが派生モデルなんじゃないかと思ってます。
となるとE36/7というEコードが振られているZ3は? ってなっちゃうんですが、Z3はEコードこそE36になってますがロードスター故に2座ですしシャーシはアメリカでの開発、内装も外装も独立ということでどちらかというとE36のコンポーネント流用モデルというような感じかなぁと思いますが。

このへんはZ4からはロードスターのEコードが独立していますので現在はすっきりしていますね。
ってもしかしたらZ4は4シリーズだとか言う人がでてくるかもしれませんが・・・(汗;

Z1の発表時の説明にE30のコンポーネントを使用しているという記述がされていることが多いのでZ1はE30の一モデルだという印象を受ける人が多いのかもしれませんが、その部分だけが一人歩きしているような気もします。 エンジンも実は専用品なんですがパっと見た目はE30 325iと一緒なのでエンジンルームの写真を見て余計にそう思っちゃう人が多いのかもしれませんね。
私がZ1の部品から受ける印象はシャーシ・ボディ関係は完全な専用品、フロントストラットやヒーター等、車両の前半分がE30のコンポーネント流用で後ろ半分がE36とE30の中間くらいのZ1専用品。 ところどころにE32コンポーネント(ラジエータとかスイッチ類とか)。後期型のZ1になるとリアはもうちょっとE36に近くなって共通部品が増えている感じかなと思います。
私みたいにいろいろいぢろうとするとなんでこんなとこまで専用部品?てくらいZ1専用部品だったりしてそれはそれでけっこう苦労するんですが・・・
ちなみにこの間調べたらブレーキ、クラッチのペダルまでZ1専用品でした(笑)。

ということでZ1はE30世代のコンポーネント流用モデルだといわれればまぁそうかなとは思います。

最後にETMやTIS(最近はETKも)でZ1がE30として収録されている件についてですが、一部にE30のコンポーネントを流用しているのと専用品ではあっても機構的にはE30用と同一または酷似している点、特に配線系に関してはドア周り以外はE30の省略形といった感じなので発売後のメンテナンス資料としてのETMやTISでZ1をE30の区分に組み込んでいるのはある意味合理的だと思います。
ただしそれもすでに過去の話でしてTISはドイツ語版以外は更新されなくなり現在は車種ごとのリペアマニュアルCDという形で提供され始めていてZ1は独立した専用CDに収録されています。
ちなみにETKのモデル表示では最近はZ1 E30というようになってはいますが内部のデータベース上の定義では今も昔も開発コードはZ1になってます。
ためしにVINデコーダーを使ってもらうとわかりますがシリーズの欄にZ1と表示されるのはそのせいです。

まぁコードに関する部分以外は私の独断と偏見に基づいた記述ですのでいろいろな見方考え方があるとは思いますが・・・。
Z1はE30だよねって素で言われるとちょっと同意はいたしかねます(笑)。



              






BMW Z1 その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bmwz1.jugem.cc/trackback/382
この記事に対するトラックバック
© Copyright 2004-2009 みつひこ, All rights reserved.