BMW Z1 Blog

BMW Z1&C1と共に過ごす毎日を綴る


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< BMW M-Bikeのブレーキ変更 | main | しばらくお休みします >>

BMW M-Bikeのハンドル周り変更

 相変わらずインドアな生活が続いておりまして、花粉の季節が終わらないことにはZ1もM-Bikeも乗れないんじゃないの状態です。
まぁ自転車ならマスクして乗っちゃうのもありかなとは思いますが。

てことでまたまたM-Bikeネタです。

ことの始まりは標準でついているハンドルバーのグリップが磨り減ったらこれだけ別部品で調達できるのか?っていう疑問でした。
ゴム製なので使っているうちに減りますしそうでなくても赤い部分が汚れて汚くなりそうな気もするし・・・。
グリップにはメーカー名も品名も書いてなかったのでネットで検索しまくったらそれらしき物を発見。


  ただし、M-Bikeのグリップと見つけたものとはでは赤・黒の配色が逆・・。
同じメーカのもので配色がM-Bikeと一緒のパターンで両エンドがクランプになっているタイプは存在しているのですが、全部がラバー製で同じ配色のものはラインナップには無いみたいなのでもしかしたらBMWの別注なのかもしれませんねぇ・・・。

てことでオリジナルの保存の意味もあって予備が確保できないなら何か別なグリップに変更したいなぁとか思っていたら赤・黒の配色でエルゴノミック・タイプの物を発見。
手の平で支える部分がついているので体重がかかった時に楽っていう話を聞いたのもあって試しに買って取り付けてみました・・・・が・・・・。

写真の上のヤツがオリジナル。下のヤツが新しく買ったやつです。
配色的にはいいんですよね。オリジナルの雰囲気が残ってて・・・
でもこれ、写真でもわかるようにグリップの長さが元のより長くて、更にエンドに返しが付いているのでハンドルの幅がとてつもなく広くなっちゃうんです・・・・
こんな感じ。

もうね、廊下の幅いっぱいなわけです(笑)
元々が600mmのハンドルバーなんですが、それにグリップの両端のでっぱり分が足されたのでなんともバランス的におかしなことになっちゃいました。
それならということでシフトとブレーキのレバーを内側に寄せてグリップをもっと内側にしてやろうとしたんですが、ハンドルバーはステム部分の径が31.6mmでそこからテーパー状に22mm径になっているのでクランプが1cmほどしか内側に移設できず・・・・。
(ちなみに写真は可能な限り内側に移設した状態です)

となると、あとはもうハンドルバーを交換するしかありません。
ただし同じように中心部分が31.6mmからのテーパーだと移設できる範囲はそれほど変わらないと思われるのでステム部分ごと交換して中心部分が25.4mmのバーにしないとだめそう・・・

なんてことを考えながら検索していたらステム一体型のハンドルバーを発見。
おお、これでいいじゃん、カーボンだし(笑)と思っていたのですが、なんだかバーにメーカーのロゴやらラインやらがペイントされてて雰囲気的に気に入らない・・・
んで、更に探してノーブランドの中華カーボン製に到達(爆)。
中華物ってコピー物なのかOEM品の横流しなのかよくわからないので手を出しにくいんですが、ノーブランドなら少なくとも商標の問題はないので(デザイン的な意匠の問題も数メーカーが同じようなデザインで販売しているようだし)値段も安いのでとりあえずこれでいいじゃんて事にしてポチ。

届いたハンドルバーはやっぱり中華クオリティでして(笑)、断面が真円じゃなくてクランプするの大変とか若干の問題はありましたがレバーをかなり内側に移設できることが分かったので、更にバーの両端をぶった切ってハンドル幅を狭くすることにしました。

切りすぎると取り返しがつかないので少しずつパイプカッターで切断しました。

で、今回ブレーキレバーを取り外したついでに左右のレバーを入れ替えました。
左右入れ替えって何?って思われるかもしれませんが、M-Bikeのブレーキは右が後ろで左が前なんです。普通の自転車って右が前で左が後ろなんですが、ヨーロッパとかでは右が後ろブレーキなんだそうです。
私的にはオートバイも右が前なのでどうも左が前ブレーキっていうのは違和感があるのでだいぶ慣れたとはいうものの、ブレーキ径が大きくなったぶんコントロールもシビアになることが予想されるので左右を入れ替えることにしました。
部品の左右共通化のせいなのかブレーキレバーにプリントされているロゴはもともと裏側にも入っているので左右を入れ替えて裏返しにしてもなんの違和感もなし。(笑)


結果的にハンドル幅は570mmとなりましたが、やっぱりこのグリップの両端の突起は要らないような・・・。
それでも全幅は元より狭くなりましたし、ポジション的にも肩幅比でちょうどいいところを握れる感じになったのでしばらくこれで様子をみようと思ってます。
ま。もし交換するとしたらこの次は両エンドがクリップになってるオリジナルと同配色のやつかな・・・。

てなわけでハンドル周りの変更が終了したわけですが、中華カーボンの品質ってどうなのよ?ってちょっと気になったので切り取ったパイプを観察してみました(笑)
切断した時に内側から白いものが出てきたのでまぁ製造上の問題で一番内側だけカーボンじゃないのかなと思い、更に剥がしていったんですが・・・

ちょっ! カーボンどこ? (笑)
色は黒く見えるのに剥がすと白いクラスファイバーみたいなんですけど・・・
パイプの肉厚もかなりあるし、ひょっとして一番上っ面だけがカーボンだったりするのか?

剥がすのが面倒くさくなってきたのでニッパで切断してみました。

お、カーボンいた!(爆)
UDなのか12Kなのかよくわからないんですが、カーボンの層が4層くらいあって一番外側だけが3Kになっているようです。
ま、一応カーボン製ってことですね。




BMW M-Bike | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bmwz1.jugem.cc/trackback/441
この記事に対するトラックバック
© Copyright 2004-2009 みつひこ, All rights reserved.