BMW Z1 Blog

BMW Z1&C1と共に過ごす毎日を綴る


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

雨の合間にBMW Z1でお出かけ

ブレーキも復活したので雨の合間を見て慣らし走行に行ってきました。
(って横浜と東京、スタディ2軒回っただけですが・・・)
ずっと不動だったので今年はエアコンを使わないうちに夏が終わり、今日は寒くてヒーターいれてました(爆)

ブレーキは当たりもついてきて初期からよく効くようになりました。
フロント単体でみると前のMov'itの方が効くような感じですが、リアが大幅に強化されたのでトータールでは今の方が制動距離は短くなってる感じです。
あと、フロントのサスが硬くなったのとリアのブレーキが大きくなって前より効くので強めのブレーキを踏んでも以前のようなノーズダイブをしなくなりました。
車が水平を保ったままスッっと止まる感じなのでこれはけっこういい感じかも。

まだフロントの足回りの調整が手付かずなので相変わらず車高が高いですが(笑)、ま、乗ってる分にはこれはこれでいいのかなって気がしなくもないです。
ただねぇ、写真撮るとやっぱりフロントは車高高すぎですよね
    ↓
BMW Z1
装着直後にはイマイチかなぁと思ってたホイールもこうして見るとまぁまぁ及第点かな。
同じホイールでも18インチや19インチだともっとスポークが長くなって更にいい感じなんですが・・・。
ただ重くなりますからねぇ、、、そこんとこが微妙。

フロントのホイールとキャリパのクリアランスがまだちょっと余裕があるのでもう一回り大きなローターに変更したい衝動に駆られますが(爆) 部品がけっこうお高いので優先順位は低いです・・・。

どういうわけだかサイドブレーキの効きが悪くて坂道で車が動いてしまうので再度バラして調整しなおし予定です。 3ノッチ引いたところでワイヤーはパツパツなんですがねぇ・・・ なんででしょ?


              






BMW Z1 その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

ETKでのBMW Z1の表示が変更に

ETKでZ1がE30と表示されていた件ですが、7月版では修正されていました。
誰かが指摘したんでしょうかねぇ?

5月版ではZ1 E30と表示されていましたが

7月版では Z1 Roadster に変更になってます。

てなわけでようやくパーツリスト上も正式にE30ではなくなりました(笑)。
メデタシメデタシ(?)


              






BMW Z1 その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

Happy Birthday to my Z1

雨だし、膝傷めてるしでぜんぜん作業できず。
不動状態のまま19歳のお誕生日を迎えてしまいました・・・。


車体番号 AL04921
工場出荷日 1990 年 07 月 23 日
ボディ色
Code 257 : TOP ROT
内装色
Code 300 : Gray/Darkgray
装備・仕様 SA 282 : Light alloy wheel Z1
SA 283 : Emergency wheel Z1




              






BMW Z1 その他 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

BMW Z1の開発コードは?

BMW Z1の型式はなぜZ/Bなのかの記事で私があまり細かなことを気にせずにZ1とE30の関係を書いたせいなのかちょっと変な誤解を生じたみたいなので整理して書いておきます。
(ていうかメールで聞かれても個別に答えるの面倒なんで・・・)

 まずZ1の開発コードですが、これはE30でもZ/BでもなくZ1が正しいはずです。
なぜかというとZ1ZTプロジェクトというBMW Technik GmbHZukunft Technikチームがプロトタイプとして開発した車両でこのZTプロジェクトでは開発コードとしてZの後ろにシリアル番号をつけてZ1、Z2、・・・と順番に振っているからです。
一方でBMW AGの製品としての車両の開発コードはEコード(現在はFも)と呼ばれ通常シリーズごとにExxという感じで振られています。
つまり開発コードとしてはBMW Technik GmbHのZTチームのZコードBMW AG製品Eコードの2系統が存在しています。
更にまぎらわしい事にこのZコードにはZTプロジェクトの振った開発コードとしてのZコードとBMW AGが製品の商品名として振ったZコード、更にはBMW AGのコンセプトカー用のZコードが存在しています。
Z1だけはZTの開発コードと製品のZコードが一致していますが、他は一致しません。
Z3やZ4、Z8なんかは製品用のZコードですがAG製品ですのでEコードがあります。またZ6やZ9もZTの開発コードではなくAGのコンセプトコードになりますのでZTプロジェクトのZコードとは異なっています。

ZTプロジェクトのプロトタイプ車両はショーなどで展示発表されても通常は市販されないのですが分かっている範囲ではZ1Z14だけはほぼそのまま製品として発売されています。
Z14は二輪のBMW C1のプロトタイプに相当するんだそうですが私がはじめてC1を見たときにはすでにC1というネーミングでしたのでZ14の状態の確認は取れてません)
現在ZTチームのZコードが何番なのかはわかりませんが2000年の時点でZ29までは確認されているようなのでおそらく30〜40番台かなと思われます。

次に型式というかコマーシャルペーパー(ドイツで車両型式として登録されるコード)ではZ1はZ/Bとして登録されています。 このコードには通常はBMW AG製品用のEコードがそのまま使われることが多いようです。(すみません詳細には確認していません)
ドイツ国内では部品交換による車両の改造に制限があってこのコードに基づくメーカーの証明書がない部品は取り付けられないらしく、社外品のショックやマフラー等にもこの証明書が添付されているかメーカーのWEBからダウンロードして印刷できるようになっています。

さらにもう一つ、モデルコードというのがあってZ1のモデルコードはBA91というのが割り当てられています。このコードはモデルグレードやエンジンやミッション形式の差も別コードとして扱いますので(ミッションについてはA/TもM/Tも一緒にしている場合もあり)このコードでシリーズ、モデルを特定することが可能です。(車体番号の4桁目から7桁目がこのコードになります)
ただしこのモデルコードと日本での車検証上に記される型式コードは異なっていて一致しません。

というわけで開発コードに関して言うならZ1とE30にはなんの関係もないはずです。

次に「派生モデル」という言葉についてですが、これは言葉の定義にもよるのでしょうが、私は派生というとたとえば3シリーズはずっと派生しているのでE36はE30の派生だしE46はE36の派生・・・・という印象です(笑)
また、シリーズ内での派生というように限定するなるとシャーシがほぼ同一でドア枚数が違う感じでセダン、クーペ、ツーリング、コンパクト、カブリオレというのが派生モデルなんじゃないかと思ってます。
となるとE36/7というEコードが振られているZ3は? ってなっちゃうんですが、Z3はEコードこそE36になってますがロードスター故に2座ですしシャーシはアメリカでの開発、内装も外装も独立ということでどちらかというとE36のコンポーネント流用モデルというような感じかなぁと思いますが。

このへんはZ4からはロードスターのEコードが独立していますので現在はすっきりしていますね。
ってもしかしたらZ4は4シリーズだとか言う人がでてくるかもしれませんが・・・(汗;

Z1の発表時の説明にE30のコンポーネントを使用しているという記述がされていることが多いのでZ1はE30の一モデルだという印象を受ける人が多いのかもしれませんが、その部分だけが一人歩きしているような気もします。 エンジンも実は専用品なんですがパっと見た目はE30 325iと一緒なのでエンジンルームの写真を見て余計にそう思っちゃう人が多いのかもしれませんね。
私がZ1の部品から受ける印象はシャーシ・ボディ関係は完全な専用品、フロントストラットやヒーター等、車両の前半分がE30のコンポーネント流用で後ろ半分がE36とE30の中間くらいのZ1専用品。 ところどころにE32コンポーネント(ラジエータとかスイッチ類とか)。後期型のZ1になるとリアはもうちょっとE36に近くなって共通部品が増えている感じかなと思います。
私みたいにいろいろいぢろうとするとなんでこんなとこまで専用部品?てくらいZ1専用部品だったりしてそれはそれでけっこう苦労するんですが・・・
ちなみにこの間調べたらブレーキ、クラッチのペダルまでZ1専用品でした(笑)。

ということでZ1はE30世代のコンポーネント流用モデルだといわれればまぁそうかなとは思います。

最後にETMやTIS(最近はETKも)でZ1がE30として収録されている件についてですが、一部にE30のコンポーネントを流用しているのと専用品ではあっても機構的にはE30用と同一または酷似している点、特に配線系に関してはドア周り以外はE30の省略形といった感じなので発売後のメンテナンス資料としてのETMやTISでZ1をE30の区分に組み込んでいるのはある意味合理的だと思います。
ただしそれもすでに過去の話でしてTISはドイツ語版以外は更新されなくなり現在は車種ごとのリペアマニュアルCDという形で提供され始めていてZ1は独立した専用CDに収録されています。
ちなみにETKのモデル表示では最近はZ1 E30というようになってはいますが内部のデータベース上の定義では今も昔も開発コードはZ1になってます。
ためしにVINデコーダーを使ってもらうとわかりますがシリーズの欄にZ1と表示されるのはそのせいです。

まぁコードに関する部分以外は私の独断と偏見に基づいた記述ですのでいろいろな見方考え方があるとは思いますが・・・。
Z1はE30だよねって素で言われるとちょっと同意はいたしかねます(笑)。



              






BMW Z1 その他 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

BMW Z1でStudie +TOKYO− まで

 今日はいつもお世話になっているスタディさんの東京店がオープンだったのでブレーキの慣らしを兼ねて不動前最後となりそうなBMW Z1での外出となりました。
明日以降だと関東は雨降りそうだし(爆)

Studie AG  このご時世に新規出店で攻めの経営。すごいですね。
場所もわかりやすく、大きくてきれいな店舗でした。
うわさのカエルもしっかり見てきました。(笑)
かなーり久しぶりに会う昔の知り合いみたいな方もちらほら。


Studie AG  お隣はSchnitzerのショールームになってますが中で繋がってるのでスタディから扉ひとつです。
ピットには4輪アライメント・テスターの他、全自動の最新式タイヤチェンジャーが備え付けられていてこのチェンジャーは日本初?らしいという話でした。
なんかもうロボットみたいはチャンジャーでそのうち動いているところを見てみたいです(興味津々)
ピットの床は例のレンガ敷きなんですが、ピット自体も作業場的な雰囲気ではなくショールーム的な感じでとってもGood!

11時過ぎにいった時にはまだそれほど混んではいなかったのですが、平日にもかかわらず午後になるとものすごいお客さんの数で駐車場がほぼ満杯になりかけたため、お客じゃないし(汗; なんにも買わずに顔出ししただけ(しかも手ぶらで)なので引き上げました。

駐車場にとまってる車はどれを見てもカスタム色が濃く、
「ホイールとブレーキは大きい方が勝ち」(笑)
みたいな雰囲気がプンプン。
17インチのZ1がかな〜りしょぼく写ってました。
やっぱり18インチにすればよかったかなぁ・・・・なんて思ってしまうあたりが危ないです(爆)

しかもうちのZ1は今フロントの車高調にホイールが干渉するのでかなり車高を上げた状態だったのでペッタペタに車高落としている周りの車に比べて・・・・(汗;

で、肝心のブレーキですが、あたりもついてかなり効きがよくなってきました。
フロントはMov'itとローター径で3mmしか違わないんですがリアは大径化してますし、マスターも交換したのでトータルだとやっぱり今の方がブレーキ効くかもなぁ。
まぁリアはちょっと仕様変更予定なんでフルブレーキングできる日は不動状態解消後になりそうですが。



              






BMW Z1 その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

BMW Z1の不動車宣言

お知らせです   (←誰にだよ?)

えーっとぅ、、いろいろありまして、うちのZ1は当分の間、不動車となりそうです。
近所をちょろっと走るくらいはなんとかなるんですが、基本的に今までのように普通に走れる状態ではなく、また問題の解決にはそれ相応の部品変更やら作業が必要なため、かなり時間がかかりそうです。
一番のネックは部品でして、こいつの予算的な都合が全くつきません(涙)
必要なの高い部品ばっかりなもんで・・・

部品を入手できるのが半年後とか一年後とかになる可能性もあるので当面は不動のままでもやれる別のプロジェクトへ時間を割く予定です。
とはいえそっちにお金かけちゃうといつまで経っても部品の入手ができないので不動状態から立ち直れませんが・・・。

とりあえず今週は仕事上の都合で +Studie TOKYO−へは行きたいと思っているのですが、はたして無事にたどり着けるかどうか・・・・。

C1−200の方もバッテリーが死んで不動のままなので足がまったく無い状態になってしまいそうです。(とほほ)

しかしまいったなぁ・・・
どっかに札束落ちてませんかねぇ、、(←もしの落ちてても届けないといけないけど)


              






BMW Z1 その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

BMW Z1のスペック

ebayに出ていたBMW Z1の売り物の説明のところに貼ってあったんですが、ここまで細かく書いてあるのもちょっと珍しかったのでコピペしておくことにしました(笑)

で、貼り付けるためにソースみたらwikiのコピーっぽかったので確認してみたらやっぱりwikipediaからのコピーでした(爆)

ま、いいや。参考のためにコピっておこっと。

燃費の欄ですがメーカー公表値が 100km/11L ってことは 9.1km/L くらいですので普段8km/Lくらいなら悲観するほど悪くもないのかな?


BMW Z1
Produced:  1989 - 1991
Engine:   M20B25 6-cylinder-inline engine (four-stroke), front-mounted
Bore x Stroke:  84 mm x 75 mm
Displacement:  2494 cc
Max. Power @ rpm:  170 PS (168 hp/125 kW) @ 5800
Max. Torque @ rpm:  218 N·m (161 lb·ft) @ 4300
Compression Ratio:  8.8: 1
Fuel feed:  Electronic fuel injection, Bosch Motronic
Fuel tank capacity:  57 L (15.1 US gal; 12.5 imp gal)
Valvetrain:  SOHC, toothed belt
Cooling:  Water
Gearbox:  5-speed manual
rear wheel drive, axle ratio 3.64:1
Electrical system:  12 volt
Front suspension:  McPherson axle, coil springs, stabilising bar
Rear suspension::  Lower trailing arms with diagonal rods, upper wishbones, coil springs, stabilising bar
Brakes:  Disc brakes , power assisted, ABS
Steering:  Rack and pinion steering, power assisted
Body structure:  Plastic body panels on unibody steel chassis with glued-in lower tub
Dry weight:  1290 kg (2844 lb)
Loaded weight:  1460 kg (3219 lb)
Track front/rear:  1456 mm (57.3 in) 1470 mm (57.9 in)
Wheelbase:  2450 mm (96.5 in)
Length:  3925 mm (154.5 in)
Width:  1690 mm (66.5 in)
Height:  1248 mm (49.1 in) (with roof erected: 1277 mm (50.3 in)
Tyre/Tire sizes:  225/45ZR16
Top speed:  220 km/h (137 mph)
0-62 mph:  9.0 seconds
Fuel Consumption (est) 11.0 litres per 100 kilometres (25.7 mpg-imp; 21.4 mpg-US)





              






BMW Z1 その他 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

BMW Z1で青切符(2回目)

 捕まっちゃいました(^^;
急用で名古屋まで行くことになり車で行ったんですが、道ガラガラなのに3車線の右2車線をゆっくり同じ速度で併走してる車にブロックされぜんぜんどいてくれないので左車線に移って抜いたらあっさり追い越し違反で捕まりました。
時間的な問題で少々焦っていたので後ろよく見てなかったみたい。
まぁ普段なら絶対やらないし後ろのパト(覆面でなくパンダ)に気が付かないくらいなので余裕なさ過ぎな運転だったと思うので止めてもらってかえってよかったのかもしれません。

反則金でETC割引なんて全く無意味な上に、その後大渋滞して一旦高速降りて迂回したのでまた1000円支払ったみたいな・・・
結局2時間遅れで現地に着き、そのままとんぼ返り。帰りは渋滞なかったので家まで1350円(?)くらいでした。
燃費は4ポートインジェクターの効果がやっと確認できて満タン法で11.2km/L
行きに満タンにして帰りの富士川SAまで518kmトリップメーターを刻みました。いままで最高でも450kmくらいで警告灯が点灯して給油してたので燃費に悪いタイヤ履いてる割に高速燃費はいいみたいです。








友へ
70、80になってお互い老い先短いってんならまだしも俺より若い40で突然逝くなよ。
今年も石垣島で忘年会する約束だったじゃん。只でさえ友達少ないのに寂しいよ。
Mixiから勝手にもらった愛車のVMAXの写真貼っとくね。




           






BMW Z1 その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

BMW Z1の型式はなぜZ/Bなのか

BMW Z1のメーカー型式は正式にはZ/Bです。(キッパリ)
よくBMW Z1のEコード(開発コードの事で最近Eを使い切ったのでFも追加された)はE30だという話がでるのですがこれはどうも便宜的な割り当と言ってよさそうです。
そもそもフロアパネルの開発からして全く違う車両に同じEコードを振るのは無理がありすぎなわけで、Z1とE30の部品的な共通点はフロントのストラットまわりくらいなんです。
エンジンやミッションがE30-325iと一緒だからという話も出ますが、実はZ1のエンジンは専用品番なのとM20エンジン自体はE34にも搭載されていますし、ミッションや内装小物、スイッチ類なんかも同様に他のモデルとの間でクロスして使われていますのでそれらの共通性を根拠にしてZ1をE30に分類するというのは私にはよくわかりません。
一方で資料的にZ1のEコードをE30だとする根拠はTISやETKといった整備・部品マニュアルでの区分がE30に入っているからというものなんですが、ドイツでのコ マーシャルペーパー上の型式はZ/Bですし、BMWから発行されたサービス用の文書類での表記ももちろんすべてZ/Bになっています。
ただし、あえて言うならヒーターの室内ユニットはE30用と共通ですし、配線関係のピン配置や色コードといった部分ではZ1はE30と共通な部分が多くETMではZ1はE30の一部として収録されていますのでこの部分でZ1をE30のくくりだとするならそれは正しい見方なのかもしれません。

ついでにいうと日本ではZ3のEコードをなぜかE40という風潮がありますが、これはある意味都市伝説ですね。Z3のEコードはE36/7が正しく、公式にはE36シリーズです。
E39の次に発売されたからという訳の分からない理由からはじまったらしいこのE40というコードなんですが、あまりにも使う人が多かったせいかショップ等でも仕方なくE40で通していたようでそれが災いしてか社外パーツ業者やらもこぞってE40という表記を使い出し、挙句の果ては海外でも使用されるようになってしまいました。もちろんドイツを除いてですが。
また一説によるとアメリカでZ3の開発をしていた時にE40というコードが使われていたらしいという話もありますがBMWの資料の中にこのE40というコードは一切見つからない事から真相は不明です。

E39の次だからE40っていうならZ1はE36の前だからE35になっちゃいそうなもんですが(笑)そうはならないんですね。
まぁZ3もフロアパネルや内装はE36とはほとんど共通部品がありませんのでそういう意味でZ3はE36じゃないぜっていうのはある意味Z1はE30じゃないって言っているのと似た部分があるかもしれませんね(笑)
実際問題として当時はBMWがEコードを節約していたらしい節があり、Fコードの使用を決めた時点からセダン、クーペといったモデルの相違にまで違うEコードを振りはじめていますのでそういう意味ではもはや違うモデルを同じEコードでくくる事自体が意味を持たなくなりはじているような気もしますが・・・。

なぜZ1にはEコードがないのかという話にもどりますが、Z1は通常の市販車と違いZTプロジェクトで開発さたショーモデル的な車両なので市販車用の開発コードであるEコードは振られていなかったというのがどうも真相のようです。

ではどうしてZ/Bなのか? Z/BがあるならZ/Aは何? って疑問が沸いてくるわけですが、これについてはLewandowskiのZ1本の中にその答えとなりそうな資料がありました。
1986年あたりから開発の始まったZ1なんですが、当初Z1には二つの案があり、一つはミッドエンジン・リヤドライブのZ1/1、もう一つがフロントエンジン・リヤドライブのZ1/2というものだったようで、本の中にそのディメンション図の写真が掲載されいます。

つまりミッドエンジンのA案とフロントエンジンのB案があって結果的にA案は没になりB案で開発が進んだのでZ/Bになったと想像できるわけです。
個人的にはこれで長年の謎がスッキリ解決ですが(笑)
更に図面をよく見てみると当初案ではフロントはE36の流用を考えていたようですね。
E36の登場は1992年くらいですので当時もう開発が進んでいたのでしょう。実際Z1のリヤのZアクスルはE36用の原型とされていますし。

Z1 Proto type

あ、Z1の開発の開始時にもうE36の開発が始まってたんならZ1はE37になるんでしょうか?(←しつこい)

どうせならフロントもE36の原型にしておいてくれればよかったのになぁ(笑)
これについては実はE36のフロントも発売当初の92年モデルだけ特殊でそれ以降は品番が変更になってるのでまだ開発途上だったみたいなのと、E36でのストラットの設計変更は主に整備性の向上で技術的には特に目新しい部分がなくZTプロジェクトでのZ1の開発目的であるところの(当時の)先進テクノロジーの検証という意味での価値は低く既存のE30用の流用で十分だったのかもしれません。
せめてE30M3と同じ5穴のハブにしておいてくれればホイールの選択肢で悩まなくて済んだんですがねぇ、、、ま、今はMINI用がPCD100の4穴なんでオフセットさえスペーサーで補えば流用可能ではありますが・・・、


さらに図面で着目したいのはエンジンがM22となってます。
M20系のエンジンはE36の登場と共に廃止されてM50系へと移行しましたのでこれも没案になったんでしょう。
M22エンジンっていったいどんなエンジンだったんでしょうねぇ?
M40系エンジンの変遷を参考にして考えると、ヘッドはDOHC化、吸気系はエアマス、点火系はダイレクトイグニッションへと進化してきてますので同じような感じかな。
まぁM50エンジンはそのすべてを持ってますのでM20系が消えたのはある意味納得ですが。



頭の中が日々妄想でいっぱいな私。
さて、この長~い前振りはいったい何を意味するのか?(笑)


--
2009/07/10 加筆修正しました。























BMW Z1 その他 | permalink | comments(1) | trackbacks(0)

BMW Z1 2008年総括

 今年一年お付き合いいただきました皆様どうもありがとうございました。

2008年を振り返ってみると、うちのZ1はとにかく故障の多い年でした。
しかもなぜかZ1の故障がプライベートの不調とも妙にシンクロしていて壊れるたびに悪い事の起きる予兆のような気がして精神的にもダブルパンチとなり辛い一年でしたが今年もなんとかこの車を維持できたことだけが心の救いです。
今はこれ以上壊れないことを祈っていますが、来年が今年よりもいい年になるとは到底思えない状況なのでしばらくは走行を控えて状況が好転するまで現状維持の方向でなんとか耐え凌ぎたいと思っています。
とはいえ、現状唯一の趣味となってしまいましたのでまったく触らないというのも難しいんですが・・・。

てなわけで、しばらく冬眠かなぁという感じもしてますがネット上のネタ拾いくらいはできますので来年もまたブログの更新にお付き合いいただければと思います。


皆様どうぞよい年をお迎えください。
BMW Z1 その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

© Copyright 2004-2009 みつひこ, All rights reserved.